自分の欲求を知り、自分に合った仕事を探そう

Uncategorized

皆さんは、自分がどういう事で欲求が満たされるかを知っていますでしょうか?

この記事では、欲求の内容を知り

どの欲求が自分に当てはまるかを知ることによって

少しでも仕事探しのお役に立てれたらなと思います

 4つの欲求

人間の欲求には

大きく分けて4つの欲求があります

  1. 獲得への欲求
  2. 絆への欲求
  3. 理解への欲求
  4. 防御への欲求

それでは、

この4つの欲求に対してそれぞれ開設をしていきます

 獲得への欲求

獲得への欲求タイプの方は

手に入れたいという欲求が強い方です

何を手に入れたいかと言うと

社会的地位や形が無くてもレアな物、レアなスキル等を手にいれたいという

タイプになります

なので、ご自身が考えて格好いいなと思う職業や

知り合いに自慢できる職業を選ぶと

スキルや地位等を獲得するためにモチベーションが上がり

良い仕事が出来るようになると思います

 絆への欲求

このタイプの方は

集団やチームを作ったり

人に接したりする仕事をすると

モチベーションが上がり

良い仕事が出来るタイプです

なので、ボランティア団体や幼稚園の先生、カウンセラー等も向いていると思います

 理解への欲求

このタイプの方は

自分の理解ができない事の答えを探したり

知らなかった事が理解できたりする

モチベーションが上がり良い仕事ができると思います

なので、学者や教授

後は起業家などの職業が向いていると思います

 防御への欲望です

このタイプの方は少し特殊で

自分が大事にしている物事を守る為の行動をする時に

モチベーションが上がり良い仕事ができます

なので、まず自分がどういう事でストレスを感じるのかを知り、

ストレスを感じる事は自分が大事にしている物事になるので

それを守るにはどうしたら良いのかを考えて仕事を選ぶと

モチベーションが上がり

良い仕事が出来ると思います

例えば、自分は出勤をする時の移動時間にストレスを感じるのでしたら

自宅ワークの出来る仕事についたりすればストレスが無くなるので

モチベーションが上がり良い仕事が出来ると思います

 自分の欲求を見つける2つの方法

それでは4つの欲求のどれが自分に当てはまるのかを探す方法をお伝えいたします

  1. 自分がどういう事に興味を持ったり、幸福に思うのかを紙に書く
  2. 自分の周りにいる仲の良い友人のタイプを分析したり、友人に自分を分析してもらう

自分がどういう事に興味を持ったり、幸福に思うのかを紙に書く

自分を知る為には

過去を振り返って自分がどういう事に興味を持ったり

どういう物を親からプレゼントをしてもらって嬉しかったのか等を

紙に書いて自分を分析してみましょう

子供の頃は

自分の欲望を抑えずに行動をしてきたと思います

なので、子供の頃に好きだった物等を思い出すと

自分の欲求が見えてくると思います

 自分の周りにいる仲の良い友人のタイプを分析したり、友人に自分を分析してもらう

これはことわざで言う類は友を呼ぶと一緒で

自分の中の良い友達は、自分と同じ価値観を持っている事が多いので

友人を分析すれば、自分がどういう事に欲求が満たされるのか等がわかると思います

それと、逆に仲の良い友人に自分を分析してもらうのも良いと思います

例えば、自分が似合うと思っていた服装や色合い等を友人に見てもらったら

みんな同じ意見だった

というような体験はありませんでしたか?

人間は自分を分析しようとすると

自分の感情が入ってしまい中々正しい分析ができないものです

なので、友人に分析をしてもらい素直な意見を貰った方が

自分に対しての正しい判断がもらえると思います

 まとめ

人間には大きく分けて4つの欲望があります

  1. 獲得への欲求
  2. 絆への欲求
  3. 理解への欲求
  4. 防御への欲求

自分がこの4つの中のどれに当てはまるかを知り

モチベーションの上がる職業を見つけます

次に4つの欲求を選ぶための2つの方法です

  1. 自分がどういう事に興味を持ったり、幸福に思うのかを紙に書く
  2. 自分の周りにいる仲の良い友人のタイプを分析したり、友人に自分を分析してもらう

この方法を使うことで

自分の欲求がどのタイプなのかを知れると思います

少しでもこの記事が皆様の職探しに役立てば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました